スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.4.6牛日記

2005/04/07 Thu

ログインした時間が遅かったせいでギルメンもフレンドな方々も皆インスタ
仕方が無いので、なんとなくFeralasへ向かうことに
やってないクエを2個ほどこなすために北西へ
0406-1
named召還のitemを50位しばいたところでゲト
しかし、ここで問題発生
何処で使えば良いのかわかんねー
めぼしい所で使うも全然駄目なので
必死にharpyしばいてるdru君(lv50)に聞いてみる
牛「ごめん、named居る場所判る?」
dru「item要りますぜ、姉御」
牛「あー、それならもってるよ」
dru「流石、姉御。あっしが案内しますんでついてきてくだせえ」
0406-2
dru「ここですぜ、姉御。まさにここです」
牛「ありがと。良ければ一緒にやる?」
dru「有難い申し出。あっしはその召還itemのために一心不乱にこの腐れ鳥を殴ってたんです。がっつりお供させて貰いますぜ、姉御」
0406-3
召還して殴ってると
dru「姉御、中華ですか?」
牛「いや、日本人だけど」
dru「そいつはすげえや!!」
何がすごいんだよ('A`)
牛「compした?」
dru「勿論ですぜ、姉御!!すんげー助かりました!!」
牛「お互い様だよ。場所教えてくれてありがとね」
dru「んじゃ、あっしはお暇します。姉御goodluck!!」
一貫した下っ端キャラに少し惚れた|A')

Orgに戻りBank前で牛ダンスをしてると
いきなりTrade窓が開き60Warからmage汁を貰う
牛「ありがとう」
War「気にするな。ところで、君、今暇だよね?」
牛「ハイ、見たとおりやることも無いので踊ってました」
War「君みたいな素敵なShmを探してたんだ。WetlandでAxなんたらを倒さないか?」
牛「Axなんたらって何ですか?」
War「EliteなDragonだ。君が必要なんだ。我々は君を必要としている。2G渡すから来てくれ」
牛「いや、別に2Gとかどうでもいいんですが、暇なんで行きますよ」
War「君は最高の牛だな!!」
まさに褒め殺し('A`)
0406-4
現地に行くとNamed寸前だったので
0406-5
そのまま殴りに参加
ブレスが痛いのね
0406-6
無事倒し、あっけないなと思ってると
War「この先に素晴らしい物があるんだよ!!」
Pri「私ギルドで呼ばれたので失礼します」
War「了解だ。他3名は素晴らしい物のために来てくれるか?」
牛含む3名「行きますよ」

竜人間をしばきつつ前進すると
rogがhate取りすぎて死亡
牛「ごめんHeal間に合わなかった」
rog「np。それにしてもshmのTotemは凄いな」
牛「どのTotemですか?」
rog「str上がる奴だ。4桁dmgでまくりでhateコントロールできなかったよ。」
牛「ごめんなさいorz」
rog「気にするな。俺はTotemを愛してるから!!」

0406-7
更に竜人間をしばきつつ前進すると
War「あの門の向こうにそれはある!!」
何があるんだろうと期待しつつ門をくぐると
0406-8
War「絶景キター!!」
War「前々からここからの景色を見たかったんだ。ホント最高だ。お前らありがとう!!」
rog&mage「確かに良い景色だね。」
そのままダイブして死亡Σ
死体のまま
rog&mage「たまには、いいなこんなのも。最高のRewardだ!!」
牛「本当に良い景色ですけど、飛び降りなくても良かったんでは?」
rog「馬鹿。俺らの計算では無事着水できるはずだったんだよ!ただ水辺まで2㍉足りなかっただけだ!!」
一同「lol」

外人さんも色々なシガラミに疲れてるんだなぁと思いました
でも、たまには良いよね、こーゆーのも

以下素晴らしいRewardをご堪能下さい|A')
0406-9
0406-10
0406-11

*本日のcompクエ;Lv60;eng300/Enc265

コメント

Secret

プロフィール

madoqa

Author:madoqa
シガーレビューとか

最新記事
Link
カテゴリ
cigar review

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

cigar review

Tatuaje VegasdeSatiago Illusione NestorMiranda 5Vegas 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。